火・木・金:夜22時まで診療

008_01

メニュー

008_01

各種増骨法

インプラント治療は日本ではなく欧米で生まれたものなので、日本人が行う場合には骨を増やす手術が必要なケースがあります。それは日本人の顎の骨の厚みや高さが欧米人に比べて少ない場合があるからです。インプラントを埋入する箇所は前歯・奥歯・上顎・下顎とありますが、その場所によっていくつかの増骨法を選択しなければなりません。当院ではサイナスリフト、ソケットリフト、GBR法、PRP法に対応しており、どんな方にでも安心・確実な再生治療を行うことが可能です。

サイナスリフトとは上顎の奥歯の部分で骨が足りない場合に骨の量を増やすという増骨法です。その部分の歯茎を骨から分離し上顎洞粘膜を挙上することによって空洞を作り、人工の骨を注入して骨の量を増やします。

ソケットリフトとは上顎奥歯の骨の上にある空洞を覆っているシュナイダー膜の方へ上顎骨の一部をずらすことによってインプラントを埋める深さを確保するという手法です。外科処置の範囲が少なく痛みや腫れを最小限に抑えられるというメリットがあります。

GBR法は上顎・下顎を問わず埋入したインプラントが骨からはみ出してしまう方に有効です。骨に小さな穴をあけ、チタン製のネジを足場として立てます。人工骨をその足場に注入して三ヶ月ほど経過すると骨が出来上がっているという増骨法です。

PRP法は、血小板を高濃度に濃縮した血漿をインプラントをする部分に移植することによって骨を増やすという方法です。

どの治療法であれば患者様の状況に合わせた治療ができるかを熟考し治療いたします。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.