火・木・金:夜22時まで診療

008_01

よくある質問

インプラント治療を受けた場合、MRIやCTによる画像診断への影響はありますか?

インプラント治療を受けた場合に、MRIやCTの画像診察に影響を与えるのでは?と心配される方もいるようですが、チタンやチタン合金のインプラントを使用したインプラント治療を受けた場合は、MRIなどの画像診断に悪影響を与えることはありません。チタンで作られているインプラントは、磁力を利用して体内を検査するMRIに影響を及ぼすことはほとんどなく、その理由はチタンが磁石に反応しないからです。しかし体内に金属を埋め込んでいる場合は注意が必要で、磁力に反応して金属が引っ張られることも、熱を持つこともあります。MRIでは入れ歯の持ち込みも禁止されていて、その理由は入れ歯に金属のパーツが使われることが多いからだとされています。したがって金属を利用しないインプラント治療なら、MRI検査に悪影響を与えることはないと言われています。しかし稀に画像にノイズや乱れが乗ってしまうこともあるので、特に頭部のMRI検査を受ける場合は、インプラント治療を受けたことを担当医に伝えることをおすすめします。またMRI検査を行う時には、あらかじめ金属などが埋め込まれていることを想定しているそうなので、それほどナーバスになることはないでしょう。注意しなければいけないのは、インプラント本体と人工歯をマグネットタイプで固定している方で、その場合はマグネット部分を外すようにしましょう。マグネットを付けたままだとMRIの撮影画像に大きな乱れがでる可能性があるのがその理由です。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.