火・木・金:夜22時まで診療

008_01

よくある質問

インプラント治療終了後に起きる可能性のある問題について教えてください。

インプラント治療後に起きる可能性があるトラブルの1つには、上部構造の脱離やゆるみがあります。一般的にンプラントでは顎の骨に埋入する部分であるフィクスチャーにアバットメントという土台を取り付けて、その上にクラウンをネジ止めするか、セメントで固定します。しかしメンテナンスを怠ると、インプラントの噛み合わせが強くなってしますこともあり、上部構造の脱離やネジのゆるみが起こりやすくなります。上部構造のゆるみだけでおさまればまだ良いのですが、その状態が長く続くと細菌が感染してインプラント周囲炎になってしまうこともあります。したがってインプラント治療後に定期的にメンテナンスをすることは非常に重要で、それを怠らなければ治療後にトラブルが起きる可能性は極めて低くなり、またトラブルが起きても早期発見することで、症状が軽くて済むことになります。定期的な歯医者さんでのメンテナンスを受ける他にも、口腔内を清潔を保つことはとても大事なことで、インプラントが虫歯になることはありませんが、前にも書いたインプラント歯周病などになる可能性もあるので、毎日丁寧なブラッシングを心掛けるようにしましょう。またインプラント治療後はできるだけ正しい姿勢を保つようにした方がよく、姿勢が悪いと噛み合わせが悪くなり、噛み合わせはインプラントの寿命に大きく関係すると言われています。いずれにせよ何か問題が発生した場合は、早急に治療を受けた歯医者さんに相談にいきましょう。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.