火・木・金:夜22時まで診療

008_01

よくある質問

インプラント治療は痛くないのでしょうか?

基本的にインプラント治療を行う時には局部麻酔を使用するため、手術中に痛みを感じることはないので安心です。インプラント治療に関わらず、歯医者さんで外科手術を受ける前には歯茎へ痛み止めの注射をしますが、何らかの理由で麻酔がきれてしまうこともあるので、痛みに敏感な方は、治療を打受ける前に歯科医にその旨相談をして、麻酔をよく効かせて欲しい旨を伝えておきましょう。中には注射をする時の痛みも嫌な方もいると思いますが、その場合は表面麻酔のお薬を塗ることや、細めの針を利用するなどの対応もできるので、事前にそのような対処をしてくれるかどうかを確認しておきましょう。歯医者さんによっては術中の恐怖感や緊張感を和らげるために、点滴をして鎮静剤を投与する静脈内鎮静法を行っているところもあります。インプラント治療において痛みを感じるのは麻酔がきれた後で、痛みを感じやすいのは、インプラントを埋め入れる外科手術をした後の2~3日間と、自分の骨や製品化された人工骨を移植した後の2~5日間と言われています。痛みの程度としては、一般的に抜歯した時と同じ程度とされていて、もちろん術後は痛み止めの服用薬や座薬などが処方されるので、薬が効いてほとんど痛みを感じない方も多いです。その他には歯茎を縫った糸を抜糸する時に痛みを感じる方もいますが、抜歯中は多少の違和感や一瞬チクッとする軽い痛み程度を感じるケースが多いので、それほどナーバスになる必要はありません。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.