火・木・金:夜22時まで診療

008_01

よくある質問

インプラント治療法には様々な方法があると聞いていますが、その方法の違いを教えてください。

インプラント治療には二つの方法があります。一つは「1回法」と呼ばれる治療法です。顎の骨にインプラント体と同じ長さ・太さの穴をあけ、そこにインプラント体を埋入します。この時インプラント体の一部か部品が露出している状態です。下顎で2-3ヶ月程度、上顎で4-6ヶ月程度の期間を経たのちに骨との結合をチェックしつつ義歯の方を取り、取り付けます。メリットとしては歯肉の切開が一度なので患者様の負担を軽減できること、強度面で優れていること、手術の時間を短縮できること、コストパフォーマンスが良いことなどが挙げられます。一方デメリットとしては、増骨法を用いた治療の場合、感染のリスクが若干高いという点があります。また義歯とインプラント体の連結部分の掃除がしにくいのもデメリットの一つです。もう一つの治療法は「2回法」と呼ばれます。1回法とは異なり、インプラント体を埋入した後その上を粘膜で完全に覆います。1回法と同程度の期間経たのちにもう一度切開して義歯を取り付けるという方法です。2回法のメリットは歯肉を閉じてしっかりと期間を置くため感染の可能性が低いという点、さらにほとんどすべての患者様のケースで適用可能であるという点が挙げられるでしょう。一方でデメリットとしては切開が2回必要なので患者様への負担が1回法と比べると大きくなるという点です。インプラント埋入直後に仮の義歯を装着することも可能で、これを「即時荷重」と言います。術後の不便さを解消するために有効ですが、患者様の症状などによって即時荷重が可能かどうかが大きく変わります。ぜひ担当医から即時荷重を勧められた場合にはメリットやリスクについても十分な説明をお受けください。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.