火・木・金:夜22時まで診療

008_01

よくある質問

インプラントの構造を教えてください。

インプラントの構造は基本的に三つの部位でできています。骨の中に埋入される部分をインプラント体、インプラント体と義歯の間の部品をアバットメントと呼びます。アバットメントはスクリューでインプラント体に固定されており、義歯が動かずに快適な咬み心地を実現しています。インプラントの構造には二つの種類があります。インプラントではこのアバットメントの上に義歯がついたり、インプラント体に直接義歯がついたりします。アバットメントを使用するものをツーピースインプラント、インプラント体に直接義歯がついているものをワンピースインプラントと呼びます。これらの方法で義歯をつける場合、義歯が取れてしまわないようにスクリューを用いたりセメントを用いたりして固定します。そうすると患者様ご自身で義歯を外すことができなくなってしまいます。しっかり固定はされるものの、メンテナンスは難しくなります。一方でインプラント体の上にアタッチメントをつける治療法もあります。義歯の内側にアタッチメントと接続可能な装置を付けることによって、義歯の安定と取り外しの両方を可能にできます。もちろん患者様ご自身でも簡単に取り外しが可能です。これをインプラントオーバーデンチャーによる治療法と呼びます。義歯が取り外しできるとメンテナンスもしやすいため好評です。どのインプラントでも構造は天然の歯に近い構造となっており、患者様が安心・快適に使用できるようにできています。

COPYRIGHT(C) CORTES DENTISTA 表参道 ALL RIGHTS RESERVED.